ホエイプロテインの種類の違い

こんにちは🙂

DEED若松河田店です。

今回は先日投稿したプロテインについてから深掘りした内容になっています。

WPIWPCの違い🌀

ホエイプロテインの組成には、重要な違いもあります。ここでは、ホエイプロテインアイソレート(WPI)とホエイプロテインコンセントレート(WPC)の2つの最も人気のあるホエイプロテイン成分の主な違いのいくつかを見ていきましょう!

1.タンパク質🥩

おそらく、WPIとWPCの最もよく知られている違いはタンパク質含有量です。WPCのタンパク質含有量は最大80%ですが、WPIのタンパク質含有量は90%です。これは、完成品の目標タンパク質含有量に到達するために必要なWPIが少ないことを意味します💦

2.生物活性成分🌱

ホエイプロテインには自然に多くの生理活性化合物が含まれ、例えば、糖マクロペプチド(GMP)、α-ラクトアルブミン、β-ラクトグロブリンなどです。これらの化合物は、体へのさまざまな利点について研究されてきました。これらの生物活性は、WPIがProvonCFM™ホエイプロテインアイソレートなどのクロスフロー精密ろ過によって処理されるときに保持され、WPCよりも高いレベルの生物活性をもたらします🤔

3.乳糖🥛

追加処理中、WPCの80%からWPIの90%に移行する必要があり、乳糖を含む多くの不要な成分が除去されます。これが、WPIの乳糖が非常に少ない理由であり(1%未満、WPCは約5%)、乳糖に敏感なターゲット消費者にとって優れた選択肢となっています☝️

4.脂肪とコレステロール🤦‍♂️

同様に、WPIの処理中に、多くの脂肪とコレステロールが除去されます。WPIの脂肪含量は、WPC 80 %に対して約8%と比較して1%以下であり、WPIにはコレステロールがほとんど含まれていません。これらの特性は、脂肪とコレステロールの摂取量を気になる消費者にとって重要です。

5.BCAAsとロイシン🥚

WPIにはロイシンなどの分岐鎖アミノ酸(BCAAs)も多く含まれており、これらの研究により、筋肉タンパク質の合成と成長に重要な役割を果たすことが示されています。Provon CFM™ホエイプロテインアイソレートには、粉末100グラム当たり23グラムのBCAAs(WPCより80%多い6グラム)と11グラムのロイシンが含まれますが、WPCは8グラムです💁‍♂️

あなたのためのタンパク質🏋️‍♂️

高純度のWPIは、スポーツ栄養製品に重要な栄養上のメリットを提供されますが、WPCは、乳製品やベーカリー製品で重要な用途があり、たとえば、心地よいクリーミーな味でよく知られています。あなたの製品のホエイプロテインソリューションオプションをもっと詳しく知り、高品質のProvon CFM™ホエイプロテインアイソレートとAvonlac®ホエイプロテインコンセントレートが含まれています👌

また一度に体が吸収できるタンパク質の量は限られています。つまり一度に大量のプロテインを飲んでも、吸収しきれずに排出されてしまう可能性が高いということです。そこで大事になるのが、吸収スピードの異なるプロテインをバランスよく摂ること。そうすれば一度のプロテイン摂取でも無駄なく効率的に吸収することができます😌

コスパ重視で間食、トレーニング前ならWPCのホエイプロテイン💡

大半のプロテインはこのWPCプロテインですし、約70%はタンパク質なので、十分な必要量を摂取することができます。また価格も比較的安価ですし、ホエイに含まれるミネラルやビタミンを一緒に摂れるというメリットもあります。間食やトレーニング前など、食事で足りない日々のタンパク質補給におすすめです🗣

トレーニング後や寝起きなど、吸収速度を重視する際にはWPIのホエイプロテイン🛌

WPCプロテインよりも吸収スピードが速いWPIプロテインは、トレーニング後や朝起きた時の、タンパク質が不足しがちなタイミングで摂るのがおすすめです。また乳糖という成分がほとんど入っていないため、お腹の弱い方でも安心して飲むことができます🚻

コスパよりも吸収しやすさを重視するならWPHのホエイプロテイン🍵

もっとも工程が長く、手間がかかっているため高価なWPHプロテインですが、吸収スピードも吸収効率も、一番優れています。コスパよりも、とにかく吸収しやすさを求める方であれば、WPHのホエイプロテインがオススメです🉐

大切なのはプロテインのバランスと飲むタイミング💪

単純に吸収スピードや効率であれば、WPHプロテインを選びましょうで終わりなのですが、大事なのは吸収だけではありません。例えばタンパク質が不足していない状態で、いくら吸収効率の良いプロテインを摂っても排出されてしまいますし、一気に多くのプロテインを摂っても溜めておくことができません。また、溜めておけないからこそ、吸収効率の異なる複数種類のプロテインを同時に摂ることで、無駄なく吸収できるのです。

このことから、大切なのは、プロテインのバランスと飲むタイミングだと覚えておいてください⚠️

タンパク質が不足する朝にまず摂ろう🍳

夜寝ている間の絶食期間は、1日の中でもっとも長いです。そしてこの絶食期間はタンパク質が不足するため、筋肉の分解が始まってしまいます。だからこそ、筋肉の分解モードから、筋肉の合成モードに切り替えるために、朝のタンパク質摂取が大事になるのです。

朝食で普通にトーストと卵料理や、納豆ご飯と味噌汁などを食べても、得られるタンパク質はせいぜい10g程度。本来、1回の食事では20gのタンパク質を摂りたいとされているので、これでは足りないため、プロテインで補うのです💁‍♀️

運動後は30分以内に摂ろう🧘‍♀️

筋トレや運動後も、寝起きと同じようなタンパク質の飢餓状態になっています。そこにプロテインでタンパク質を入れてあげることで、体はより効率的に吸収しようとするのです。運動後から45分以内は筋肉にタンパク質から分解されたアミノ酸を輸送する量が3倍に増えるので、このゴールデンタイムを狙って運動後30分以内にプロテインを飲むことをオススメします!

すべてのタンパク質が同じように作られているわけではありません

消費者がプロテイン製品に目を向ける理由には、健康、体重管理、体力、運動回復などが含まれています。しかしながら、これらの目標をサポートするための最良の燃料を消費者に提供するために、メーカーは、すべてのタンパク質が同じように作られているわけではないことを理解する必要があります😵

今の製品はさまざまなタンパク質が使用され、ホエイやミルクタンパク質などの乳製品からエンドウ豆などの植物ベースのタンパク質までであり、これらのタンパク質はスポーツ栄養学で非常に人気のあるのです。しかし、製品が同じ量のタンパク質で処方されたとしても、タンパク質の品質は、実際に体に提供されるタンパク質の量に大きな違いをもたらす可能性があります💦

ホエイプロテインは、その完璧なPDCAASが1.00であるため、スポーツ栄養アプリケーションに長い間選択されてきたプロテインです。これは、体が必要とするすべての必須アミノ酸が適切な比率で含まれていることを意味します。たとえば、多くの植物性タンパク質とは異なり、アミノ酸が不足しているわけではありません🙁

初回トライアル(60分5,500円税込)のご予約お待ちしております‼️
⬇️⬇️⬇️
.
@deed_gym.tokyo
.
https://deed-gym.com
.
.

✅首都圏9店舗展開中
【東新宿店】
🏠東京都新宿区大久保1-1-45
新宿セントラルハイツ203
🚉東新宿駅1分、新宿三丁目駅10分
☎︎050 5361 1095

【新宿御苑・四谷三丁目店】
🏠東京都新宿区四谷4-28-6-6F
🚉新宿御苑前駅5分、四谷三丁目駅5分
☎︎050 5361 1096


【西新宿店】
🏠東京都新宿区西新宿4-17-5
T&KビルディングB1
🚉西新宿五丁目駅5分、都庁前駅10分
☎︎050 5438 4575

【池袋・目白店】
🏠‪東京都豊島区目白1-7-17清幸ビル3F‬
🚉‪雑司が谷駅1分、目白駅駅5分
☎︎050 3631 6649


【練馬店】
🏠東京都練馬区練馬1-13-10
ダイヤコーポB101
🚉練馬駅1分
☎︎050 5374 7976


【若松河田・早稲田店】
🏠東京都新宿区若松町24-10
シャンベール若松町102B
🚉若松河田駅3分、早稲田駅10分
☎︎050 5876 7383


【赤羽店】
🏠東京都北区赤羽2-24-2東拓ビル壱番館B1
🚉赤羽駅5分、赤羽岩淵8分
☎︎050 7132 6698


【船橋店】
🏠千葉県船橋市本町2-25-17高橋ビル202
🚉京成船橋駅3分、JR船橋駅5分
☎︎050 7116 2675


【東銀座・築地店】
🏠東京都中央区築地4-14-18 妙泉寺ビル104
🚉築地駅5分、築地市場駅5分、東銀座駅7分
📧h-ginza_tsukiji@deed-gym.com
🆔@613spyyb
☎︎050 3554 3523

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事