赤身魚と白身魚の違い

こんにちは☀︎

DEED若松河田店です!

サカナの『赤身』と『白身』の違いを解説 タンパク質含有量で区別?

サカナは赤身魚と白身魚の2つに分類することができますが、その違いは何でしょうか。区別の仕方と、ちょっと意外なサカナを紹介します🐟

「赤身」と「白身」

皆さんはお刺身を食べる時に、どうして種類によって色が違うんだろう?と疑問に思ったことはありませんか?

実はサカナの身の色が違うのにはある理由があり、サカナの身は色で分類すると2つに分けることができます☝️

1つ目が赤身、もう1つが白身。

赤身で有名なのは皆さんも大好きな「マグロ」や「カツオ」など。見ただけで赤い身をしているのが分かります。

反対に白身魚として一般的なサカナは「タイ」や「カレイ」などでしょうか🤔

運動性能の違い

では、身の色の違いによって、サカナの生態はどのように変わってくるのでしょうか。

この生態、特に運動性能については筋肉や血液中に含まれるタンパク質が深く関わってきます。

サカナの筋肉には、遅筋と速筋の2種類が存在します💭

遅筋🥩

マグロやカツオなど赤身魚は、広大な海水域を泳ぎ回っている魚が多く、常に速いスピードで泳いでいるので、長時間活発に動かせる筋肉が必要になります。

こういった長距離型の筋肉を【遅筋】と呼びます!

魚も運動を行うためには人間と同様に酸素を必要とします。そのため、酸素を効率よく運働きのある血液中の色素タンパク質「ヘモグロビン」や、酸素を貯蔵してくれるミオグロビンが大量に必要になります。

この二つのタンパク質には赤い色素が含まれているため、必然的に身も赤くなります!

速筋🥚

マダイやヒラメなどの白身魚は赤身魚のように長距離の運動をしません。その代わりに、獲物を捕える時に瞬時的に動ける筋肉が必要になります。このように瞬発的に魚ける筋肉のことを【速筋】と言います。この筋肉を動かすのに燃料として酸素を使わないため、ミオグロビンはほとんどありません。血中に含まれる色素タンパク質の量が少ないため、身は白っぽくなります。

色素タンパク質含有量で区別🍗

ちなみに水産学の観点では、「赤身魚」と「白身魚」は、筋肉や血液中に含まれる色素タンパク質の「ヘモグロビン」と「ミオグロビン」の含有量で分類します。ヘモグロビンは、酸素を運搬する役割があり、ミオグロビンには、酸素を供給する役割があります。

「赤身魚」は、これらの色素タンパク質が100gあたり10mg以上の魚を指し、それ未満はすべて白身魚として扱われます。赤身魚と白身魚のグレーゾーンに属するサカナが、みんなも大好き『ブリ』。ブリしゃぶなど、脂ののったブリは格別です🤤

このブリは、お寿司屋さんなどでは、白身魚として並んでいるところもありますが、水産学的観点からすると、赤身魚に分類されます。同魚は、回遊魚としても知られている通り、ずっと泳いでいますが、マグロやカツオとの一番の違いは、瞬発的にも動く事ができるということ。

つまり、『遅筋』と『速筋』の2つを持つサカナと言えます💡

ヘモグロビンやミオグロビンが大きな違いがある

ヘモグロビンは酸素を運搬する役を担っており、ミオグロビンは酸素を蓄積し必要なときに供給する役目をもっています💪

そのため、運動量が多く、酸素をたくさん必要とする赤身魚は、筋肉中のヘモグロビンやミオグロビンが白身魚より多く蓄積されているため身が赤くなるのです。ちなみに色素タンパク質の量は、赤身は筋肉100g中に150mg含まれるのに対して、白身はわずか10mgしか含まれないそうです。

この違いで赤身か白身が決まります。

日頃食べている魚がどのように赤身・白身になっているのか考えるだけでも面白いかもしれませんね!

青魚はどっち?

ちなみに、アジやサバ、サンマなどは青魚と呼ばれていますが、これは身の色を表現しているのではなく、見た目の話。真上から見ると、背中が青く見えることから青魚と呼ばれています。青魚は前述の分類で言えば赤身の魚に分類されます。

見た目の色の話でいうと「キンメダイ」や「メバル」などは青魚に対して赤魚と呼ばれています。もちろん彼らは白身魚です❗️

サーモンは赤身魚ではない

一方で、サケ科のサカナもたびたび赤身魚と勘違いされます。回転寿司やスーパーでもよく見かける【サーモン】は、よく赤身のサカナと勘違いされています。

「え、こんなに赤い色しているのに?」

そう思う方もいるかも知れません。実は彼らは赤身魚ではなく実は白身魚に分類されます。

ではこの身の色を変化させている色素は何なのでしょうか🤥

サーモンの身が赤くなる理由

白身のはずのサーモンの身になぜ色がつく理由が、食べているエサにあります。サーモンはオキアミやカニなどの甲殻類などを主食としています。

さらに、オキアミの主食は海中のヘマトコッカス藻類で、この藻の中に赤身の原因である「アスタキサンチン」という色素が含まれます💦

産卵に向けてエネルギーを蓄える習性のあるサーモンは、オキアミをたくさん食べることでアスタキサンチンが体内にドンドン蓄積され、身の色が赤く変化していくと言われています。人間がみかんを食べすぎて黄色なってしまうのと同じようなものです。

ちなみに、サーモンの卵であるイクラもオレンジ色をしているのは同様にアスタキサンチンの影響によるものです🌱

アスタキサンチンは今注目の美容成分

このアスタキサンチンはいま現在、美容業界でかなり注目されているようです。

抗酸化力が非常に高く、老化を促進する『活性酸素』を抑えると言われており、サーモンはすでに海外では人気の美容フードとなっているようです。

しかしこのアスタキサンチンは熱に弱いため、加熱調理してしまうと、せっかく美容効果が無くなってしまいます🌻

美を意識してサーモンを食べる際は、生食がオススメです。人間の場合はサーモンを食べすぎても、おそらく肌がオレンジ色になることはありません😐

一見、意識せずに食べている魚がこのように区別して食べる事はないとは思いますがご参考程度に試してみてはいかがでしょうか。

初回トライアル(60分5,500円税込)のご予約お待ちしております‼️
⬇️⬇️⬇️
.
@deed_gym.tokyo
.
https://deed-gym.com
.
.

✅首都圏9店舗展開中
【東新宿店】
🏠東京都新宿区大久保1-1-45
新宿セントラルハイツ203
🚉東新宿駅1分、新宿三丁目駅10分
☎︎050 5361 1095

【新宿御苑・四谷三丁目店】
🏠東京都新宿区四谷4-28-6-6F
🚉新宿御苑前駅5分、四谷三丁目駅5分
☎︎050 5361 1096


【西新宿店】
🏠東京都新宿区西新宿4-17-5
T&KビルディングB1
🚉西新宿五丁目駅5分、都庁前駅10分
☎︎050 5438 4575

【池袋・目白店】
🏠‪東京都豊島区目白1-7-17清幸ビル3F‬
🚉‪雑司が谷駅1分、目白駅駅5分
☎︎050 3631 6649


【練馬店】
🏠東京都練馬区練馬1-13-10
ダイヤコーポB101
🚉練馬駅1分
☎︎050 5374 7976


【若松河田・早稲田店】
🏠東京都新宿区若松町24-10
シャンベール若松町102B
🚉若松河田駅3分、早稲田駅10分
☎︎050 5876 7383


【赤羽店】
🏠東京都北区赤羽2-24-2東拓ビル壱番館B1
🚉赤羽駅5分、赤羽岩淵8分
☎︎050 7132 6698


【船橋店】
🏠千葉県船橋市本町2-25-17高橋ビル202
🚉京成船橋駅3分、JR船橋駅5分
☎︎050 7116 2675


【東銀座・築地店】
🏠東京都中央区築地4-14-18 妙泉寺ビル104
🚉築地駅5分、築地市場駅5分、東銀座駅7分
📧h-ginza_tsukiji@deed-gym.com
🆔@613spyyb
☎︎050 3554 3523

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

最近の記事